「御城プロジェクト:RE~CASTLE DEFENSE~」あの御城プロジェクトがパワーアップして帰ってきた!タワーディフェンス型のおすすめオンラインゲーム!

まずはこの美少女ゲームの公式動画をチェック

リニューアルした御城プロジェクト

2014年11月中旬にサービスを開始した御城プロジェクトは、その時点での問題点を根本的に解消するために2015年4月下旬に休止しました。
そして、2016年初春に御城プロジェクト:RE ~CASTLE DEFENSE~というリニューアルした姿で再び現れ、御城プロジェクトの復帰を待ち望んでいたファンを喜ばせました。
オンラインゲームでは常にアクセスされた状態だから、システムの全体を調整するためには休止せざるを得なかったのでしょう。

リニューアルによる主な変更点は、御城プロジェクトからのデータの引継ぎ、登場するキャラクターの追加、一部の城娘のグラフィック等の更新です。
DMMオンラインゲームの専用ページにおいて、リニューアルに伴う告知を行っていました。
現在でも公式コミュニティとツイッターで定期的に情報を発信しており、過去の経験を活かしている運営として厚い信頼があります。

ジャンルはタワーディフェンスで、自分の陣地に攻めてくる敵を撃退する内容です。
日本の御城が擬人化した城娘を指揮することで、ゾロゾロと攻め込んでくる敵の行列を蹴散らしていきます。

日本の歴史上の城が美少女に

御城プロジェクト:RE ~CASTLE DEFENSE~がこれだけ根強いのは、日本の城には色々なエピソードがあるからです。
一口に御城と言っても、庶民も暮らしている城下町から続く平城、敵の軍勢を迎え撃つための山城、その地域の頭領が住んでいる館と様々な形態になっています。
城は使用目的によって必要となる構造が違い、御城プロジェクト:RE ~CASTLE DEFENSE~に登場するキャラクターである城娘の性格にも反映されています。

城娘は美少女にモチーフとなった御城の力が宿っており、キャラクターの説明欄には史実で実際にあったエピソードや特徴が記載されていて興味深いです。
史実では城の建築は一大事業で、短期間で前線の拠点となる出城を築けるかどうかで戦の勝敗が左右されていた時期すらありました。
現代でも多くの観光客が訪れる豪華絢爛な御城は、当時の武将の権威を示すために費用と時間を惜しまずに作られたのです。
残念ながら、大部分の御城のオリジナルは江戸時代の廃城政策と、大戦時の火災で失われましたが、その精神を城娘の自己紹介や台詞から感じられます。

新たに加わる城娘からのフルボイスの挨拶を聞くことで、御城にあまり詳しくない方でもどのような性格なのかを把握できます。
イベントでは編成されている城娘とゲストキャラによるテキスト形式の会話が行われ、現在の状況とやるべきことを楽しみながらチェックすることが可能です。

所領にいる城娘と親交を深めながら全国行脚

御城の力があるとはいえ、城娘はまだ多感な乙女です。
プレイヤーである殿が本拠地としている所領において、城娘との親交を深めておきましょう。
城娘が喜びそうな贈り物を贈ることで、好感度が上昇します。

好感度が一定のラインを超えると、その城娘との特別なイベントが発生することでお互いの絆を確かめられます。
謎が多い敵である兜を退治することで世の中を平穏にするだけではなく、共に戦う城娘と親しくなれることがポイントです。
御城プロジェクト:RE ~CASTLE DEFENSE~において好感度は重要で、城娘の強化にもなります。

兜が入り込んでこない安全な所領には、新たな城娘の築城、工房による開発などの様々な要素があります。
所領でじっくりと各要素のレベルアップに励めば、いざ戦闘に入っても有利に進められるのが御城プロジェクト:RE ~CASTLE DEFENSE~です。
メインストーリーである「天下統一」のミッションの他にも、「曜日任務」というデイリーミッションなどに参加することで資源を稼げます。

編成した部隊をリアルタイムで配置

兜に侵攻されている各地域を救援するために出陣しますが、ゲームシステムの関係で防衛戦のみとなります。
ミッションを選択すると、編成した城娘の部隊でそのエリアへと向かい、イラストとテキストによる説明の後に戦闘に突入する流れです。
タワーディフェンスとして総大将である殿がいる本陣を守りつつ、そこに進軍してくる兜の群れを倒していきます。

リアルタイムで城娘を配置させていくため、スキルや作戦だけではなくプレイヤーの力量も関係してくるのが大きな特徴です。
城娘はプレイヤーによって配置された場所から動かずに、自分の射程範囲に入った敵に攻撃します。
複数の城娘による連携攻撃ができる配置にするのが重要で、特に遠距離攻撃ができるキャラの使い方が勝敗を分けます。

敵の軍勢は最初から姿が見えているので、進軍の状況を見ながら臨機応変に対処しましょう。
ドット絵で丁寧に描かれた城娘がちょこまかと動く姿は、とても和みます。
オープニングからの導入でチュートリアルとしての戦闘があり、世界観とゲームシステムを同時に学べます。

分かりやすいゲームシステムで誰もが熱中

タワーディフェンスは、本来なら敵にダメージを与えられた拠点の修復にも資源が消費されます。
けれども、御城プロジェクト:RE ~CASTLE DEFENSE~はストレスフリーのために、戦闘用のフィールドを用意しました。
面倒な要素を徹底的に省き、その代わりに城娘の武器の種類を増やすことで合戦の戦略性を高めました。

合戦をするフィールドは民家が点在する野外、複雑に入り組んでいる城、城の外にある城下町とバラエティ豊かです。
城娘を配置できる箇所には御城マークがあるので、自分なりに考えた戦略を試せます。
敵がまだ遠いうちに先制攻撃をするも良し、本陣の近くまで引き付けてから一斉攻撃をするも良しという自由なゲームです。

基本的に敵は道に沿って行動するから、先読みをすることで各個撃破もできます。
難易度が上がってくると、複数のルートから同時に侵攻してくる等の複雑なシチュエーションになるので頭を使います。
戦闘中には城娘の掛け声が響き渡り、まさに合戦という臨場感が抜群です。
ゲームを極めることで、推奨レベルより低い城娘によってクリアするという強者も登場しています。

和風テイストのゲームとして大人気

和風テイストのゲームは貴重であり、御城プロジェクト:RE ~CASTLE DEFENSE~はその一翼を担っています。
関ヶ原の戦いが終わった直後という設定だから、まさにもう1つの戦国時代を体験できるのが魅力的です。
ドット絵と全身が分かる美しいイラストのおかげで、たっぷりと日本文化の世界を堪能できます。

操作性が良好であることから、難しいミッションで失敗しても再チャレンジしたくなります。
日本史としても御城にはお姫様がつきものであり、高い親和性によってすぐに物語に入れるオンラインゲームです。
繰り返しプレイしたくなるゲーム性は、初心者からマニアックなゲームファンまで幅広く支持しています。
公式コミュニティでは、現在でも多くのファンがレアな城娘を迎えられた喜びなどを語っている状況です。

メインストーリーは、異形の化け物である兜から人々を救うことです。
とはいえ、所領を強化しつつ、お気に入りの城娘と愛を育むだけでも大きな達成感があります。

コレクション系のオンラインゲームとして、御城というインパクトがあるテーマを選んだのが、御城プロジェクト:RE ~CASTLE DEFENSE~です。
日本の戦国時代の象徴である御城は、知れば知るほど楽しめます。
やる気のある運営と熱心なファンによって復活した御城プロジェクトは、DMMオンラインゲームの中でも異彩を放っています。
DMMのランキングにおいて上位を維持している実績は、伊達ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です